月並廃句

本当の自分を言の葉の海に求めて再び船を漕ぎ出した孟 宗竹が片言隻語を拾い集めて陳腐な廃句を紡ぎ出す。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

孟 宗竹で、うち成長するつもりだった?

きのう、孟 宗竹とOKをb l o g P e t(ブログペット)の「呆 弛中」が書きました。
草原を撫でさするようにしながら、時折クリ豆をそーっと撫で回しました。
このおじさんは会えば必ずボクにオチ○チンを握らされた人で、全神経を右腕とその娘の反応に集中させていきました。
まずゆっくりと右腕全体を、それもリアルタイムの記事を、ボクが電車に乗り込むのを見つけるとおじさんはすぐに近寄ってきて、急いでケータイのアドレスを書き込んで、ボクは電車から降りる寸前にカバンから紙切れを取り出して、指を草叢まで届かせてくるし、ボクもいつものようにおじさんのことなどそっちのけで、全神経を右腕とその娘の胸をシャツの上から揉み始めました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「呆 弛中」が書きました。
スポンサーサイト

posted at 15:58 | 妄想 | TB(0) | CM(0)

icon1 この記事に対するコメント


icon1 この記事に対するコメントの投稿
















icon1 この記事に対するトラックバック

ico2 お気の毒ですが貴方は
ico2 言の葉を探せます

ico2 いま見える月はこんな月

lunar phases

ico2 どうぞこちらへ
ico2 RSSフィード

ico2 ボクのこと

 孟 宗竹

Author: 孟 宗竹
 
なれるはずのない俳人に
なろうと唐突に思い付いた
身の程知らずの 廃人

 
~TB,CM,LINK大歓迎~

ico2 最近のコメント
ico2 最近のトラックバック
ico2 ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。