月並廃句

本当の自分を言の葉の海に求めて再び船を漕ぎ出した孟 宗竹が片言隻語を拾い集めて陳腐な廃句を紡ぎ出す。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

icon1 性欲処理

03.29.2006
ゲイの出会い系掲示板で出会ったタクさん(60)から「会いたい」とメールが入った。
 
 
 
相手の人がそれでいいならこんな一方的な性欲処理的関係も悪くないと割り切ったボクは、再び待ち合わせをした。


ボクがその電車を利用している区間は、
タクさんが利用する区間の一部であり、
前回待ち合わせをした駅は、急行電車の停まらない駅だったので、
今回は駅ではなくて、
タクさんが乗って来る「各駅停車」にボクが乗り込むことにした。

ボクが利用している電車の「急行」は
余程運が良くないと座れることがないのだけれど、
「各駅停車」は割と空いていて、
まして列車の最後尾で待ち合わせをしたので乗客は少なく、
ボクとタクさんは近くに殆ど人のいない状況で
並んで座ることが出来た。

タクさんがどのような行動を取るか予想出来たので、
ボクは股間を隠すように鞄を股の上に載せて置いた。

すると案の定タクさんは周りに気づかれないように注意を払いながら、
ボクの股間に手を伸ばしてきた。

最初はその存在を確かめるようにジーンズの上から触っていたけれど、
ボクのオチ○チンが大きくなり始めると、
すぐさまファスナーを開いてオチ○チンを引っ張り出して、
ニギニギしてきた。

みるみる大きく、硬くなってゆくボクのオチ○チンを、
時々手を止めてじっくりと眺めたりしながらタクさんは、
握ったり、扱いたり、手のひらで頭を撫でたり、
指先で先端部の亀裂をなぞったり、雁首を擦ったりしてくれた。

ボクはもうオチ○チンの先がヌルヌルと濡れて来るほど
気持ち良くなっていたし、タクさんも楽しんでくれていたようで、
前回待ち合わせた駅の二つ先の駅、
乗っていた電車の終点までボク達は行ってしまった。

そんな十分なフォアプレイの後、到着した駅で電車を降りたボク達は、
タクさんの先導するまま改札を抜け、外に出て、
バスターミナルの脇にある小さな公衆便所に向かった。

古くて小汚いせいだろうが
人気の無いその公衆便所の個室にそそくさと入ると、
タクさんはやはり慣れた手つきで
ボクのジーンズとトランクスを膝まで下ろし、
前回同様、ハンカチを取り出してその上に敷いてからしゃがみ込み、
間が開いて萎みかけたオチ○チンを咥えてピストン運動を始めた。

タクさんの口技は単調で、
しかも上から見下ろすと薄くなった頭部が目に入るので、
実はなかなか快感に浸りきれないのだけれど(タクさんゴメン)、
目を瞑って想像力を働かせれば、
先程までのフォアプレイの余韻と
タクさんの立てるジュポジュポという音とが相俟って、
さほど時間をかけることなく、
ボクは絶頂へと導かれてしまうのだった。
(ただの早漏というツッコミはナシの方向で)

そうしてまた、タクさんの口内にしこたま放出したボクは、
これまた綺麗に掃除までしてくれたタクさんと共に公衆便所から出て、
御礼の言葉を交わした後は互いに無言のまま駅に向かい、
無言のまま別れた。
 
 
 
それから何日後だったろうか、
またタクさんにお願いしたくなったボクがメールを送ると、
そのメールはタクさんには届かずに戻って来てしまい…

それっきりになってしまった。 (/_;)
スポンサーサイト
posted at 08:36 | 妄想 | TB(0) | CM(1)

icon1 この記事に対するコメント

性欲処理器
女体型性欲処理機
2006/04/13 00:25 | URL | miho #MqlUV6Ns [ 編集 ]


icon1 この記事に対するコメントの投稿
















icon1 この記事に対するトラックバック

ico2 お気の毒ですが貴方は
ico2 言の葉を探せます

ico2 いま見える月はこんな月

lunar phases

ico2 どうぞこちらへ
ico2 RSSフィード

ico2 ボクのこと

 孟 宗竹

Author: 孟 宗竹
 
なれるはずのない俳人に
なろうと唐突に思い付いた
身の程知らずの 廃人

 
~TB,CM,LINK大歓迎~

ico2 最近のコメント
ico2 最近のトラックバック
ico2 ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。